24時間、台東を遊ぼう

真っ青な海と海岸、部落巡礼ワンデーツアー

台東一日遊 – 湛藍海岸,部落巡禮-DiscovetTaitung-發現台東

大地の母と讃美される台東の山脈東部から広がる真っ青な太平洋は、台東の宝です。一日時間を作って、深い懐のあるどっしりとした頼り甲斐のある大人のような海風に心身を委ね、思いっきり海を満喫しましょう。きっと、最高に素敵な思い出として、いつまでも記憶に残ることでしょう。

台東おすすめツアー:海線・ワンデーツアー

台東一日遊 海線-日文

まずは、サーフィンの聖地のひとつとして知られる都蘭海岸から出発です。ウォータースポーツが好きな方は、SUP(スタンドアップパドルボード)かサーフィンボードで波に乗って都蘭の大海原からパワーをもらいましょう!都蘭の他にも、東海岸沿いの金樽、東河や都歴も最高のサーフィンスポットとして有名です。

サーフィンを楽しんだ後は、東海岸台11線を進んで「都歴部落」を訪れましょう。部落に一歩足を踏み入れれば、阿美文化風味の美味しそうな香りが鼻をくすぐります。部落の食事を一口頬張れば、その美味しさに思わず舌を巻いてしまいます。事前に都歴部落への訪問予約を取っておけば、部落発展協会が、ワンデーツアーを組んでくれ、部落の野菜収穫や魚獲りなどが体験できます。もし、まだサーフィンがしたければ、夏限定のラフト体験もおすすめです。広々とした海の上で、身体いっぱい、全身の細胞で台東を体感しましょう!

台東1日遊-24海線-都歷部落-DiscoverTaitung-發現台東

海天一線の東海岸に沿って南に入って、私達は「都蘭足渡蘭」に着いた。田舎のハンドソープとハンドソープを主軸とする特色な団地で、手作りのハンドソープは部族の伝統知識の精髄を豊富に含んでいる。

夜のとばりは垂れて、静かな夜のロマンチックなうちに、橘光の交雑する台東の市街区を歩いて、ガチョウの樹の下で、碗の米苔目に来て、この道食通の客流を忘れるのはいい味を味わう;悠瑞客の贈り物の工房に行って、今日の旅行のためのすばらしい記念品を選び、次の台東の旅を望んでいる。