[台東特色レストラン] 本に囲まれたグルメ天国 台東特色書店 X 台東カフェグルメ

みの日は、ゆっくりしたい。それなら、コーヒーを片手に読書を楽しむのは、いかがですか?今回は、特色レストランとコラボした台東複合式書店を紹介します。本とコーヒーの香りに囲まれているうちに、あっという間に1日が過ぎてしまいます。

晃晃二手書店 (Guesthouse Susu)— 意識高い系のファンタジックな愛読者天国

台東縣台東市漢陽南路139-1號

営業時間:14:00 — 22:00 (定休日は毎週火曜日)

本好きの人は、晃晃のファンになること間違いなし﹗晃晃二手書店は、まるで宮崎駿氏のアニメに登場するようなファンタジックな古本屋です。ヒップスター風のシンプルな外観のお店のドアを開ければ、そこはまるで別世界のように、見渡す限りにたくさんの本が並んでいます。新作から普及の名作、現代文学から人文科学と社会科学まで、ありとあらゆる本が取り揃えられています!書店の中央には、広々とした食事スペースが設けられていて、軽食などが食べられます。本に囲まれて、コーヒーを飲みながら、キッシュを食べて…のんびりとリラックした一日を過ごしませんか。

食冊Café書店 — 個性的な複合式書店

地點:台東縣台東市洛陽街265號950

営業時間:毎週木曜日から日曜日 10:00 — 21:00 (定休日は毎週月曜日から水曜日)

ご注意:最低消費額はNT 200/おひとりさま となっています。

本選びも飲食も一流の書店X台東特色レストランでは、オーナーの品格と個性が溢れ出ています﹗お店には、主に飲食文学や旅行記の本が取り揃えられ、少しばかりの絵本もあります。独特の本選びスタイルは、食冊Caféには、他のチェーン店でおすすめの出版社月刊書籍があるからきています。この月刊書籍の愛読者からすれば、おすすめテーマは独特でコレクションしたくなるようなすてきな本ばかりだそうです。また、軽食やサラダ、ビピンパ風ライス、パスタなどのメニューだけでなく、焙煎コーヒーや手作りビールなども楽しめます。きっと、グルメに本に大満足な時間が過ごせるはずです。(IG Photo:@elissac__)

都蘭X小洋房書店 (Casa Yang Books)— 台湾でいちばん海に近い書店

地點: 台東縣東河鄉都蘭225-26 號

営業時間: 12:00 — 17:00 (毎週木曜日と金曜日)

ウェブサイト:https://www.facebook.com/yangscasa/

ご注意:最低消費額はNT 100/おひとりさま となっています。

台東都蘭の唯一の古本屋、実は、二階では特色のある民宿なんです。本が大好きで、台東の静かで落ち着いたスローライフを体験したいと思っているのなら、小洋房書店の上で何日か住み込んで、思いっきり読書ライフとスローフードを満喫しませんか。午後は、畳の上で店主の洋書セレクトと日替わりスイーツを堪能しましょう。本に飽きたら、少し外に出てみましょう。数歩歩けば、そこには海が広がっています。海風に吹かれながら海を眺めて、ゆったりとした自分だけの時間を楽しみましょう。

薄荷巴黎 (BooksCafe’)— 上質感あふれる文芸カフェ

地點: 台東縣台東市傳廣路234巷11號

営業時間:13:00 — 22:00 (休業日は毎週月曜日)

ウェブサイト:https://www.facebook.com/PeppermintParis

台東靜謐の路地にある特色あふれるカフェには、いろいろな種類の手作りスイーツやドリンクがあります。どのメニューも大人気で、スイーツは定期的に更新されるので、ちょっとしたサプライズとしてお客さんにとても人気です。ケーキやブラウニー、レモンタルトやプリンなどのスイーツは、どれもデコレーションがとてもきれいで、味も抜群です。ぜひ、お店の特製花草茶(ハーブティー)と一緒にご堪能ください。店内は、どこか懐かしい文芸ムードが漂っていて、ゆっくりと食事が楽しめます。また、レトロな閲覧廊下もあり、読書や販売もしています。台東にきたら、絶対におすすめのカフェです。ぜひ、訪れてみてね!

(IG photo @tseng_xx)