Dacota

孔子の論語に「知者楽水 仁者楽山(知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ)」とあるように、台東は山と水に囲まれ、汚染とは無縁の自然環境が広がる都市です。アウトドア好きの外国人の憧れの場所でもあり、近年では、台東へ旅行する人がますます増えているだけでなく、この土地でのんびりと暮らしたいと移住を考える人が増えています。

台湾に来て5年ほどになるDacotaは、もともと「バラの街」として有名なアメリカのオレゴン州ポートランドに住んでいました。故郷を思い出しながら「アメリカは、つまらない場所ばかりだけど、僕の故郷はすごく綺麗な場所なんだ。」と話すDacotaの顔は、とても輝いていました。彼にとって、台東と故郷のポートランドはすごく似ている土地なのです。美し景色、澄み切った空気、アウトドアにぴったりの環境、そして、善良な人々がいる台東は、彼を、まるで東方のポートランドにいるような気分にするのです。東方文化を愛して止まない彼は、次のように話してくれました。「当時、台湾の友達がたくさんいたから、台湾の中華圏の世界に行こうと思っていたんだ。ここで教師をすることが、僕の一番の夢だったんだ!」

アメリカで友達と一緒に学んでいた少しだけできた基本的な中国語だけを頼りに台湾に来た彼は、英語を教えて生計を立てるようになりました。「初めて台湾に来た時は、基隆に住んでいました。その時、とても豆花を売っているおばちゃんと出会って、毎日のように何時間も世間話をしながら中国語を覚えていました。」Dacotaは、いたずらな笑みを浮かべながら、英語がうまい友達もいなかったので、敢えて中国語で話すようにしていたと教えてくれました。そして、登山好きの山友たちと登山ルートを考えたりして、中国語を学んでいきました。大自然と触れ合うのが大好きなDacotaは、太魯閣国家公園のボランティアガイドにも応募し、専門課程のトレーニングと試験を見事に通過してボランティアガイドの資格を得ました。彼は得意そうに「僕は、太魯閣国家公園の外語ボランティアガイド代表なのさ!」と自慢していました。 」

しばらく基隆に住んでいたDacotaでしたが、違う生活をしてみたい思いにかられ、都市から離れた花東地区に移り住みました。基隆を離れた彼が最初に行き着いたのは花蓮で下が、さらに南へと引っ越しを続けて、スローライフな台東にたどり着いたのです。「台東のライフスタイルは、とてものんびりとしていて、のどかでとても綺麗な場所です。それに、山深いところでもあるので、スリル満点な登山が楽しめるんです!」暇を見つけては登山活動をする大の登山好きのDacotは、台東の山友に声をかけて一緒に登山を楽しんだり、ソロ登山を楽しみ、高い登山装備を背負って花東地区の大小の山々を征服し続けています。彼にとっては、登山しているときが、現実の騒がしい世界から離れて静かに自分に向き合え、仕事のストレスや嫌なことを忘れられる時間なのです。

Dacota

Dacotaは、台東の大自然を思う存分味わうだけでなく、東部の原住民文化にもすごく興味を持っています。「台東と花蓮は、まったく異なるんです。台東では、わざわざ原住民の部落に行かなくても、道を歩いていれば、情熱的な原住民の友達と知り合うことができるんです!」彼は、登山活動の予定がない時は、原住民の友達に会ったり、部落のイベントに参加しているそうです。楽観的で無邪気な性格の彼らと一緒にいると、自然と楽しくなって、知らないうちに一緒になって遊んでしまうのです。

現在、台東県政府で外国人顧問のDacotaは、県政府の翻訳や来賓の接待などのイベントをサポートしています。彼は、台東国際バイリンガルを進める上で、とても重要な役割を担っています。台東に住んで半年になる彼は、自然環境や条件に恵まれた台東が、外国人好みのリゾート地にすることができると考えています。台東は、自然環境や条件に恵まれているだけでなく、治安も良く、外国人観光客を呼び寄せる街にぴったりの都市だと言えます。「台東は、ピュアで綺麗な都市です。地元の人々と一緒にこの環境を守り続けて、もっと外国人が遊びに来たいと思う都市にしていきたいと思っています!」とDacotaは力強く話してくれました。

Dacotaのおすすめ冒険スポット
沢登り:桑樹渓、加鹿渓
温泉:桃林温泉、栗松樹温泉、轆轆温泉
登山:三叉山、嘉明湖、関山、卑南主峰、都蘭山、美奈田山、盆盆山