藝文盛事-日文

梁奕焚(リャン・イーフェン)1991-2021三十年創作回顧展

梁奕焚(リャン・イーフェン)1991-2021三十年創作回顧展 美学研究家の朱光潛は「芸術表現には見合った個性が必要だ。独創性、生まれ育った場所の民族性を持つと同時に国際性も必要である」と述べている。体現することは難しそうですが、台湾の絵画巨匠:梁奕焚(リャン・イーフェン)は素晴らしい芸術性を持ち、古今東西の中華と西洋を見事にミックスし組み合わさった作品は彼の芸術スタイルを鮮明に表現し、国際画壇で有名になりました。臺東美術館では彼の創作三十年を記念して回顧展を開催されてますので、ぜひこの機会に彼の作品を一眼ご覧ください。 梁奕焚は臺北師範大学の芸術学科から卒業後、現代絵画の大家李仲生に師事し、1987年に修行の為アメリカへ、芸術の殿堂ソーホー地区にアトリエを構えました。「黑美人」シリーズで国際画壇に頭角を現し、画廊、メディア、そしてコレクター達に認められオークションの寵児となり、彼の作品は世界トップクラスである事を証明しました。その後梁奕焚は故郷台湾へと戻り、2006年に台東都蘭に移住しました。創作に打ち込み驚くほど沢山の作品を作り上げ、画家として溢れるほどの想像力は言うまでもないでしょう。 〈梁奕焚1991-2021三十年創作回顧展〉は三つのテーマに基づき展示されています。「嘿!美人」・「吾土吾民」・「意象萬象」、これらの作品には梁奕焚の三十年に及ぶ斬新かつ多元的な創作活動が集約されており、さらには臺東美術館の海舞廳に彼のアトリエを再現することで、来場者がこの展覧会を通して梁奕焚の芸術家としての心境を理解できるような配置になっています。 [...]

泛靈腹語(アニミズムの囁き)─ 吳耿禎 (ジャム・ウー)展覧会

泛靈腹語(アニミズムの囁き)─ 吳耿禎 (ジャム・ウー)展覧会 「浩浩渺渺 (広がってゆく水)/ 呢呢哞哞(ニーニーモーモーと鳴く声) / 山音涓水(山中の水の流れ) / 泥地染人(泥地を染める人) [...]

南島国際美術賞

台湾・台東の三分の一の人口は南島語族といわれ、南島人コミュニティの芸術や文化が蓄積されています。 台東縣政府は2011年から「南島国際芸術賞」を開催し、2014年からは2年に1度の展覧会形式を確立し、台東へアーティストを招き駐在アートをしてもらい、南島問題への関心を国際社会に発信しています。

台東好米收冬祭

台東で毎年開催される好米收冬祭は、お米をテーマにした祭典お祭りです。 台湾・東部の客家の人々民族は二度の移住を経て、花東の縦谷エリア地区で農業で生計を立てるようになり、そこにはことで一家の豊かさ生計と安定感を得てがかかっています。この收冬祭は、台東の客家の人々民族の方たちにとっては何よりも重要な祭りで、客家の人々民族が祀るの神様と祖先への畏敬の念、土地に対する慎み、そしてお米に対する強い愛情を象徴しています。 客家文化のを継承し広めるのため、2010年より毎年には〈客庄十二大節慶 臺東好米收冬祭〉を開催し、国内外の観光客が訪れるようになりました。

田んぼに囲まれ.感動的な舞台を 2020年池上秋收稻穗藝術節

「一生に必ず一度は行きたい」とか「一生に必ず一度はやりたい」と言うまでもなく、年に一度開催される池上藝術節の好評が広がるのは特定の歌手やショーなどのためでなく、ただ純粋な感動を人々に与えられるからです。

芸術による自然美:漂鳥197— 縱谷大地芸術季

水保局台東分局は「縱谷大地芸術季」にフィンランド、ドイツ、日本、トルコ、そして台湾籍の環境芸術家に駐村創作をしてもらおうと計画しています。芸術家たちに縱谷地勢、人文的特色、そして197縣道沿いの池上萬安村、振興村、關生電光里などでインスタレーション・アートを設置してもらい、人々に池上の自然の美しさと人文風情の結合を実感してもらうのが狙いです。大会ではインドの詩人ビンドラナート・タゴールの《迷い鳥たち》をサブテーマに、芸術作品ごとに美しい詩を一句詠み、作品をさらに印象付けています。今年の夏は、池上で涼しみながら芸術を楽しみましょう。

緑島で緑を探そう— 過山古道で宝探し

緑島と聞くと、ほとんどの人がダイビングやシュノーケリングを思い浮かべるでしょう。しかし、実は、緑島は、海洋生態が豊富なだけでなく、島上でもグリーン生態がたくさんみられます。東部海岸国家風景区管理處は、六月から「綠島過山古道尋寶(緑島の過山古道で宝探し)」活動を始めました。「宝探し」をしながら大自然に触れ合い、同時に歴史あふれる過山古道のトンネルを知ってもらうことが狙いです。環島公路が建設される前までは、緑島の市民が南寮から温泉まで行くには、このトンネルを通らなければ行けませんでした。

Pasiwali 原住民音楽イベントin台東

“Pasi”には「〜に向かう」、そして “wali”には「東方」の意味があります。つまり、“Pasiwali”はアミ族(阿美族)の言葉で「東に向かう」という意味があります。「Taiwan PASIWALI Festival」原住民音楽節では、パッションな原住民音楽が楽しめます。第一回と第二回の原住民音楽節は桃園と高雄で開催されます。原住民音楽で世界に情熱的な台湾をアピールしましょう。

人情味溢れる螢火蟲電影院

最近、いつ映画をみましたか?昨日見た人もいるかもしれません。しかし、台東や花蓮の僻地地区に住む人にとっては、それはずっとずっと昔のこのかもしれません。台東には、映画館が一館だけありますが、僻地で都市からも離れているため、訪れる人は多くありません。「生活の楽しみをなくしてはいけない!」と同じ考えを持つ人が集まりました。文化部の指導の下、文化部影視及流行音楽産業局と国立臺東生活美学館が主催する「2019年電影芸術分享計画-螢火蟲電影院(2019年映画芸術共用計画ーホタル映画館)」が今年の6月から9月に開催され、台東と花蓮県で12の映画が上映されます。映画は無料で鑑賞できます。

青春、舞蹈、台東部落の物語について

台東の有名な詩人、徐青東氏によって舞蹈劇場の母Pina Baushを比喩した天空舞集が演出表現されました。このグループは、台東で唯一モダンダンスに特化した創作を主軸にしたダンスグループで、台東県優秀芸術チームに選ばれた演劇団体です。 新型コロナウイルスの影響で、人びとは緊迫した1年を過ごしています。