アート

南島国際美術賞

台湾・台東の三分の一の人口は南島語族といわれ、南島人コミュニティの芸術や文化が蓄積されています。 台東縣政府は2011年から「南島国際芸術賞」を開催し、2014年からは2年に1度の展覧会形式を確立し、台東へアーティストを招き駐在アートをしてもらい、南島問題への関心を国際社会に発信しています。

台東好米收冬祭

台東で毎年開催される好米收冬祭は、お米をテーマにした祭典お祭りです。 台湾・東部の客家の人々民族は二度の移住を経て、花東の縦谷エリア地区で農業で生計を立てるようになり、そこにはことで一家の豊かさ生計と安定感を得てがかかっています。この收冬祭は、台東の客家の人々民族の方たちにとっては何よりも重要な祭りで、客家の人々民族が祀るの神様と祖先への畏敬の念、土地に対する慎み、そしてお米に対する強い愛情を象徴しています。 客家文化のを継承し広めるのため、2010年より毎年には〈客庄十二大節慶 臺東好米收冬祭〉を開催し、国内外の観光客が訪れるようになりました。

緑島で緑を探そう— 過山古道で宝探し

緑島と聞くと、ほとんどの人がダイビングやシュノーケリングを思い浮かべるでしょう。しかし、実は、緑島は、海洋生態が豊富なだけでなく、島上でもグリーン生態がたくさんみられます。東部海岸国家風景区管理處は、六月から「綠島過山古道尋寶(緑島の過山古道で宝探し)」活動を始めました。「宝探し」をしながら大自然に触れ合い、同時に歴史あふれる過山古道のトンネルを知ってもらうことが狙いです。環島公路が建設される前までは、緑島の市民が南寮から温泉まで行くには、このトンネルを通らなければ行けませんでした。

人情味溢れる螢火蟲電影院

最近、いつ映画をみましたか?昨日見た人もいるかもしれません。しかし、台東や花蓮の僻地地区に住む人にとっては、それはずっとずっと昔のこのかもしれません。台東には、映画館が一館だけありますが、僻地で都市からも離れているため、訪れる人は多くありません。「生活の楽しみをなくしてはいけない!」と同じ考えを持つ人が集まりました。文化部の指導の下、文化部影視及流行音楽産業局と国立臺東生活美学館が主催する「2019年電影芸術分享計画-螢火蟲電影院(2019年映画芸術共用計画ーホタル映画館)」が今年の6月から9月に開催され、台東と花蓮県で12の映画が上映されます。映画は無料で鑑賞できます。