厳選グルメ

【台東ベジタリアンセレクション】ベジタリアン皆様の心の声、届いております

以前にも増して沢山の人がその美味しさからベジタリアン食を選択するようになり、様々な物産を誇り、美味しい食べ物と新鮮な食材が集う台東ではベジタリアン食も多様性を見せています!台東の旅で美味しくて健康なベジタリアン食を食べたい方、Discover Taitungはあなたの為に台東の特色あるベジタリアンレストランをピックアップしました。どれも一風変わったオリジナリティがあって、ここでしかできない美食体験に出会えます! 台湾のローカルなベジタリアン食−李姐素食飯麵小吃攤 李姐素食店は台東駅の側に位置し、一見よくある台湾の小料理屋さんといった外観をしています。お客さんは皆いい匂いにつられて入って、それっきりこのお店の虜になった人も沢山います。ベジタリアン食はどちらかと言うとメニューが少なめな印象ですが、李姐素食店では様々な献立が用意され、壁に貼られた沢山の料理名に驚きます。 このお店での一番人気メニューといえば、一押しは刀削麵と當歸麵!刀削麵は熟練された包丁さばきで削がれた麺は厚さがちょうど良く、もちもちで噛みごたえ良く粉っぽさが全くなく、一口食べたらやみつきになる美味しさです!オーナーはとても太っ腹で、料理の量はどれもたっぷりな上、さらに1回だけ無料で麺とスープがおかわりできるのでお腹も気持ちも大満足で帰れます。當歸麵の味はズバ抜けて旨く、濃厚で甘味のあるスープはほんのり漢方の香りがして、心も身体もポカポカに温めてくれます!麺類以外にも素食滷味(ベジタリアンの台湾風煮込み)、香菇素肉飯(きのこを使った肉なしルーローハン)、麻醬麵(ゴマペーストのまぜ麺)も大好評なので是非見逃さずに! [...]

[バレンタインin臺東] 台東の人気デートレストラン・セレクト

大切な人と一緒に台東を旅しているのであれば、きっと、もっと二人の関係をあたためたいと思い、サプライズを演出してくれる最高の雰囲気のレストランがあるのか知りたいですよね。Discover Taitungでは、旅を甘いものにしてくれるロマンチックなレストランのリストをご用意しています。 愛情の「小島」へ— Loveland專情島のレストラン&バー バレンタインデーには、大切な人に一途な愛を伝えたいと思いませんか?それなら、「Loveland專情島」でほっこりするランチを楽しむのが、一番の告白になります。專情島は、鐵花村波浪屋にあり、純白なコンテナはインスタ映えの景勝地です。内装には青と白の柄のタイルが貼られており、どこか懐かしく上品な雰囲気するデートの感覚を醸し出しています。二階には、鐵花新聚落を一望できる屋外ダイニングバーがあります。 專情島では、簡単な食事や揚げ物、デザート、名物のドリンクなど、様々な料理を楽しむことができます。「莓果公主邂逅」は、バラの香りが愛の香りを思い浮かばせ、レモン果汁ベースにラズベリーと炭酸水を組み合わせた爽やかな味わいで、恋人をお姫様のように愛される存在にしてくれます。また、專情島の看板料理は、「魂まで吸い込まれるグルメ」と呼ばれています。「專情烏龍牛肉麵」は、柔らかな牛肉のブリスケット、トリッパなどを甘めのスープで煮込んでおり、一度食べれば病みつきになっちゃいますよ!食後にはショーケースへスイーツを取りに行くのも忘れずに!專情島のケーキは、デザートの名店「翠安儂甜點店」から取り寄せています。美味しいスイーツを食べに島を訪れれば、いつの間にか島民になった気分になります。 [...]

[台東原住民のレストラン] 台東に来たら絶対に食べたい部落風メニュー X 部落体験 地元グルメを堪能しよう(下)

なんだかいい匂いしない?部落から漂うご飯のいい香り!今回は、12個の部落グルメのお店の美味しくて特色あふれる家庭料理を紹介します。 芭洋Amis美饌:部落XグルメX流行 店名の「芭洋Amis」は、オーナーの母親の族名が由来です。伝統文化や部族の特徴が徐々に失われつつある時代に、オーナーの筱媛はアミ族(阿美族)の特徴をグルメで守っています。芭洋Amis美饌は池上に位置しています。メニューはなく、すべての料理はオーナー自らが栽培したり飼育したもので、自然のオーガニックが味わえます。また、すべての果物や野菜はその時期のものを使用しています。筱媛の料理技術は一流なので、食材本来の風味を味わうことができ、味付けも最高です。レストランは、納屋を改造して建てられているので、おおきなスペースの中でゆっくりと部落料理が楽しめます。料理以外にも、芭洋Amisでは「野菜敲拓DIY(ベジタブルニーディングDIY)」と「部落酒釀DIY」の体験もできます。「野菜敲拓DIY」は、オーナーに連れられて庭で好きな葉を選び、ハンマーでを使って麻布の上で葉を叩いて、葉の模様を布に印刷します。「部落酒釀DIY」は、お料理教室の用な感じで開催され、1000ccのもち米を美味しい甘酒に作り上げます。どちらも大人気のイベントです。おすすめメニュー:烤肉(焼き肉)、烤魚(焼き魚)、炒野菜(野菜炒め)、糯米木桶飯(もち米ご飯)、小米酒公式サイト:芭洋Amis美饌FB 住所: 台東縣池上鄉大埔村5 鄰 [...]

[台東原住民のレストラン] 台東に来たら絶対に食べたい部落風メニュー X 部落体験 地元グルメを堪能しよう (中)

ご存知ですか?台東の離島でも美味しい原住民風味のメニューが食べられるんです。今回は、蘭嶼のおすすめ原住民グルメを紹介します。蘭嶼に遊びにきたら、絶対食べてみてください!また、他にもグリーンフードを勧めている原住民レストランも紹介します。原住民の特色がいっぱいのベーカリーです。 東清二十三號早午餐—蘭嶼でいちばん美味しい朝ごはん 東清部落は、日の出が有名な場所です。台湾でいちばん最初に夜明けが訪れる場所です。東清部落の海がいちばんきれいに見える朝ごはん屋さんで、美味しい朝ごはんを食べながら、美しい景色を満喫しましょう。このお店のおすすめメニューは、いろいろな種類の蛋餅(ダンビン)です。サクサクの皮に特製ハニーマスタードをかけていただきましょう。お昼も飛魚や簡単なメニューが食べられます。 おすすめグルメ:焼肉蛋餅、ベーコン蛋捲、ピーナツベーコンポークバーガー ウェブサイト:https://www.facebook.com/iranmeylek33 (IG [...]

[台東原住民のレストラン] 台東に来たら絶対に食べたい部落風メニュー X 部落体験 地元グルメを堪能しよう (上)

台東のグルメと言ったら、絶対にはずせないのが原住民のレストラン。台東縣府では、12個の部落グルメ店舗を紹介しています。原住民部落の絶品グルメを堪能しましょう!まずは、台東ブノン族(布農族)原住民のレストランを3店舗紹介します。 蓋亞那工作坊 — 傳承布農族文化的小米飯 蓋亞那(Kaiana)は、ブノン族語で飾り物という意味です。海端崁頂部落の蓋亞那工作坊を訪れると、ドライ小米(粟)の束がいくつも天井から吊るされています。農作物の防湿や防虫にもなり、ブノン族の伝統と知恵が感じられます。蓋亞那工作坊では、レイアウトから調理まで、店內で販売されている装飾品や農産物も、すべてがブノン族特有のものばかりです。お客さんも、ブノン族の主食である小米飯を作ることができます。毎年4月から5月にかけては、紅藜(赤キヌア)シーズンです。紅藜の田んぼを見ながら美味しい田園料理を楽しみましょう! [...]

グルメセレクト:これを食べなきゃ台東に来たって言えないよ!台東グルメTOP10(下)

私たちの主食は、お粥、小麦粉、麺、ご飯です。平凡な穀物類が、心を込めてこしらえられて日常のグルメとなります。台東のキレイな山と水が生み出す優良な穀物は、お店の人々のソウルと巧みな技によって美味しいご当地グルメが作られています。せっかく台東に来たなら、ご当地を満喫しなきゃもったいない! 萬家鄉餃子館——地元の人が満場一致でオススメする冰花煎餃 台東で、何を食べたらいいですか?と聞けば、台東人の3人にひとりが萬家鄉餃子館をオススメします。この餃子館は、シンプルな内装でアットホームなお店です。メニューも豊富で、餃子や麺類、鍋物や熱炒(炒め物)があります。何を頼んだらいいかわからないって?隣のテーブルを見れば、一目瞭然!餃子館名物——冰花煎餃で決まり! 冰花煎餃の名の通り、この焼き餃子は、羽根の部分が冰花の結晶のような美しい形状をしています。黄金色に輝く冰花がテーブルに運ばれると、あまりの美しさに思わず見入ってしまいます。餃子の皮の厚みもちょうどよく、油っこさを全く感じません!一口かめば、サクサクな皮とジューシーな肉、そしてさっぱりとしたキャベツが口いっぱいに広がり、噛めば噛むほど肉汁があふれ出てきて、その美味しさに感動してしまいます。まさに、餃子のいいとこどり!萬家鄉の餃子を一度食べれば、その味の虜になってしまいます。 美味しいだけじゃないんです。萬家鄉餃子館は、味の素を加えることなく、素材本来の本物の味を引き出し、お客さまに本物の美味しさと健康を提供しています。萬家鄉餃子館にたくさんの人が訪れる理由のひとつです! [...]

朝ごはんは、何にしよう?中華でも洋式でもなんでもあるよ!

台東で地元の朝ごはんを食べ尽くして、毎朝、早起きしよう!美味しい朝ごはんは、待ってくれません。台東には、売り切れたらすぐに閉店してしまうお店がたくさんあります。中華でも台湾スタイルでも洋式でも、なんでもありの台東のマルチな朝ごはんを食べ尽くして、お気に入りを見つけてみませんか。 楽食LOVE EAT 楽食は、2018年にオープンしたばかりのお店で、二階はB&Bの民宿になっています。窓際の席からはたくさんの光が差し込み、気持ちのいいお店です。また、メニューは注文を受けてから作っています。オーナーこだわりの初鹿鮮奶トーストは、美食家たちが必ず注文するメニューで、たくさんの人がトースト目当てにお店を訪れますが、予約なしでは食べられないので予約を忘れずに。楽食の人気メニューは、朝ごはんセットと花生醬小封肉套餐(ピーナツバターの肉とじセット)です。初鹿鮮奶を使ったトースト、有機卵の目玉焼き、初鹿ヨーグルト、そして低温調理法で調理されたプリプリの鶏肉は、調味料なんてなくても、その美味しさに幸せを感じずには入られません!ピーナツバターと控肉(煮込み肉)の中華と洋式のセットには、サラダとライ麦のサンドイッチがついています。ちょっと意外な組み合わせだと思うかもしれませんが、びっくりするような美味しさが味わえます。オーナーは、地元の優秀な食材にこだわり、サラダにも無毒原株レタスを使っています。グルメを堪能できるだけでなく、健康的な食事が楽しめます。開店と同時にお店に行くか、早めに予約をしておかないと、満席で食べられないかもしれませんよ! (IG Photo:@dora.hungry) [...]

台東の夏だ、人気の老舗にカキ氷を食べに行かなきゃ!

台東のグルメと言ったら、絶対にはずせないのが原住民のレストラン。台東縣府では、12個の部落グルメ店舗を紹介しています。原住民部落の絶品グルメを堪能しましょう!まずは、台東ブノン族(布農族)原住民のレストランを3店舗紹介します。 阿桑剉冰—— 素材の甘み、人情のあたたかさ 台東でカキ氷がひとつだけしか食べられないなら、絶対に阿桑剉冰に来ると話す人がいます。30年以上の歴史をもつ阿桑剉冰は、出店から始まり、今ではお店を構えています。台東のシニアたちなら、太陽が照りつける夏には、必ず市場の大きな樹の下の阿桑で粉粿剉冰を食べた思い出があることでしょう。 阿桑で食べているのは、思い出だけでなくたくさんの人情でもあります。一杯35元の剉冰には、お客さんが食べ足りないといけないと、たくさんの氷とトッピングが盛り付けられているだけでなく、氷のおかわりもできるんです!剉冰(カキ氷)のソウルといえば、シロップ。阿啟伯(阿啟おじさん)は、、毎日五時間もかけて紅糖(日本で云う黒糖)を煮込んでキャラメルの香りが香ばしいシロップを作っています。甘すぎないシロップと細かく削られたカキ氷の美味しさは、天下一品です。全ての食材は、添加物を一切加えない当日に作られた新鮮なものばかりなので、素材本来の美味しさが味わえます﹗ 一度ここのカキ氷を食べて、素材本来の味、食材の味を知ってしまったら、もう後には戻れません。たくさんのトッピングに阿桑の気前の良さ、そしてこだわり。一杯のカキ氷から溢れる優しさを思い出さずにはいられなくなってしまいます。 [...]