青春、舞蹈、台東部落の物語について

台東の有名な詩人、徐青東氏によって舞蹈劇場の母Pina Baushを比喩した天空舞集が演出表現されました。このグループは、台東で唯一モダンダンスに特化した創作を主軸にしたダンスグループで、台東県優秀芸術チームに選ばれた演劇団体です。

新型コロナウイルスの影響で、人びとは緊迫した1年を過ごしています。天空舞集は「”Saceqaljan” 輕鬆快樂(リラックスしてハッピーに)」と呼ばれるダンス演出を行い、「查拉密部落」の部族の物語やのイメージを表現し、人びとにポジティブなパワーをもたらします。パフォーマンスの会場は、台東でも人気の屋外風景スポットの多良駅の向陽木工坊にあります。台湾で最も美しい駅で、太陽の光の下で華麗なダンスを楽しみながら、美しい伝説を想像しましょう。聖なる山、黒ヘビ、流木、列車、身体のイメージを通じて、音符のようにゆっくりと音を奏でながら太平洋の風に溶け込みましょう。

写真提供:天空舞集

日時:2020年8月22日(六)

時間:午後3:30から

備考:入場には、入園券が必要です。入場券でドリンク一杯と交換できます

パフォーマンス

青春、舞蹈、台東部落の物語について

台東の有名な詩人、徐青東氏によって舞蹈劇場の母Pina Baushを比喩した天空舞集が演出表現されました。このグループは、台東で唯一モダンダンスに特化した創作を主軸にしたダンスグループで、台東県優秀芸術チームに選ばれた演劇団体です。 新型コロナウイルスの影響で、人びとは緊迫した1年を過ごしています。