まばゆいばかりの南島芸術 —南島国際美術賞

私達が学んだ台湾の歴史は、漢人が中心となって書かれた書物です。しかし、この土地で何千年もの歳月をかけて発展してきた台湾の原住民族である「南島語族」(オーストロネシア語族)もいるのです。 台湾・台東の三分の一の人口は南島語族といわれ、南島人コミュニティの芸術や文化が蓄積されています。

台東縣政府は2011年から「南島国際芸術賞」を開催し、2014年からは2年に1度の展覧会形式を確立し、台東へアーティストを招き駐在アートをしてもらい、南島問題への関心を国際社会に発信しています。今年は10名(組)の台湾人アーティストを招き、ミックスメディアインスタレーション、木版画、漆画、アクリルなどの多様なアートを用いて、南島の多様な顔を表現しています。

20201215_121403

方偉文

台湾の在来種である「構樹」の枝で作られた〈橋〉は、南島語族国家の縮図として見ることができ、各地に散らばる異なる民族のつながりを象徴しています。

20201215_132354

安聖惠

自然媒材を使った作品を得意とし、藁や木炭、編んだロープなどを使った「ngalibaibade」は、深山や海の神秘的な雰囲気を醸し出しています。本作では初めてフレグランスの要素も取り入れ、高山の部族環境の香りを表現しています。

20201215_131522

范志明

〈卸妝(メイク落とし)〉は、「化粧」を「歌う、踊る、飲む」などの原住民の儀式の比喩として用い、民族のアイデンティティと伝統の意味を考察しています。 コミュニティの意味や位置づけについての反省です。〈卸妝〉の本来の意味は、部外者の好奇心に溢れた目から逃れ、元の姿に戻ることを意味しています。コミュニティの意味や位置づけについての考えさせられる作品です。

20201215_122843

黎根

台東でたまたま拾った媒体を使い、自然環境への関心を反映させています。テーブルの上に置かれた白い紙に包まれた廃棄物は、光の中で主人公のように見えます。これは、「白い(プラスチック)汚染」を意味し、テーブルの下の影反射は、セメント産業の乱開発と環境問題の深刻さを表現しています。

20201215_125831

黎志文

〈共同体〉は地球を木の船、形の違う石は世界の様々な人たちを例えた作品です。 アルミホイルに包まれた石は、お互いに温かさを伝え合い、人間は互いに分け隔てなく同じ船に乗って、互いに支え合うべきであることを象徴しています。

20201215_122056

彭賢祥

都蘭の海辺で海を眺めながら考えられた〈三千石—潮生〉は、青と黒の後光を帯びた岩が三千個集まり、遠くから見ると広大な海のように見えます。空気の流れで紙冊がなびくことで、波のような抑揚が感じられます。

20201215_130221

李屏宜

同じく海を主役とした作品の〈Breath- wave〉では、木目を海の影に見立てたことで、意外にも海を連想させることができています。現場には波の音を作るインスタレーションもあり、没入感のある空間になっています。

20201215_130824

蕭筑方

都蘭の海岸で、波が岩とぶつかり散っていく姿を2020年に出会った様々な人生の波と重ね合わせ、様々な波に立ち向かう人々を表現しています。作品の多くは、様々な波に立ち向かう人々を表現した岩をテーマとしています。

20201215_124457

呂沐芢與焦聖偉

ユーレグナ・プログラム・アート(Euglena Program of Art)の〈東海岸的奏鳴曲(東海岸ソナタ)〉は、蛍光色の躍動感あふれる狂詩曲のように流れるような線がその場所のエネルギーを表現しています。山や海、部族、観光客など様々な情景が作品に登場しています!

20201215_123832

劉永仁

台東・池上出身の彼は、今回の作品に故郷への思いを込め、また、彼の作品コンセプトである「呼吸概念」(concept of breathing)を貫いた創作軸となっています。「時空」と「呼吸」をテーマとした9点の作品は、田んぼのイメージを組み合わせ、彼の台東での『いのちの体験』を表現しています。

「南島国際芸術賞」南島の芸術と文化の文脈を学ぶ絶好の機会です。10人のアーティストがそれぞれの立場で活躍していますので、この異色の美学を体感するためにも、展覧会へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

展覧日:2020年12月12日(土)から 2021年1月17日(日)
展覧場所: 臺東美術館
開館時間:09:00-17:00 (火曜日から日曜日)
主催者:臺東縣政府
公式サイト:https://tm.ccl.ttct.edu.tw/southisland/

アート

  • 梁奕焚(2)

梁奕焚(リャン・イーフェン)1991-2021三十年創作回顧展

梁奕焚(リャン・イーフェン)1991-2021三十年創作回顧展 美学研究家の朱光潛は「芸術表現には見合った個性が必要だ。独創性、生まれ育った場所の民族性を持つと同時に国際性も必要である」と述べている。体現することは難しそうですが、台湾の絵画巨匠:梁奕焚(リャン・イーフェン)は素晴らしい芸術性を持ち、古今東西の中華と西洋を見事にミックスし組み合わさった作品は彼の芸術スタイルを鮮明に表現し、国際画壇で有名になりました。臺東美術館では彼の創作三十年を記念して回顧展を開催されてますので、ぜひこの機会に彼の作品を一眼ご覧ください。 梁奕焚は臺北師範大学の芸術学科から卒業後、現代絵画の大家李仲生に師事し、1987年に修行の為アメリカへ、芸術の殿堂ソーホー地区にアトリエを構えました。「黑美人」シリーズで国際画壇に頭角を現し、画廊、メディア、そしてコレクター達に認められオークションの寵児となり、彼の作品は世界トップクラスである事を証明しました。その後梁奕焚は故郷台湾へと戻り、2006年に台東都蘭に移住しました。創作に打ち込み驚くほど沢山の作品を作り上げ、画家として溢れるほどの想像力は言うまでもないでしょう。 〈梁奕焚1991-2021三十年創作回顧展〉は三つのテーマに基づき展示されています。「嘿!美人」・「吾土吾民」・「意象萬象」、これらの作品には梁奕焚の三十年に及ぶ斬新かつ多元的な創作活動が集約されており、さらには臺東美術館の海舞廳に彼のアトリエを再現することで、来場者がこの展覧会を通して梁奕焚の芸術家としての心境を理解できるような配置になっています。 〈嘿﹗美人〉は梁奕焚の代表作「黑美人」シリーズの一作で、人の肌を黒で表現し、迷いのない筆使いで女性のやわらかな造形を描き出しされ、大胆で艶やかな色使いや原始的な芸術の美しさの中に台湾らしさも併せ持った作品です。〈吾土吾民〉シリーズは梁奕焚の故郷への気持ちが反映されており、十数年旅をしてきた作家の故郷への郷愁、故郷の文化と美が作品の中で融合しています。梁奕焚にとって作品とは「潜在意識の解放と誘導」を表現する手段であり〈意象萬象〉シリーズでは多数の素材が彼の類稀なる創作技術によって美しく、そして象徴性のある作品となって見る人を想像の世界へと誘ってくれます。 回顧展は4/3までの期間限定になります。ぜひこの機会に世界のマエストロ・梁奕焚の美学の宴をその身で体感し、作品に込められた魅力を感じ取ってください。 回顧展展示期間:2021年3月6日(土)至 2021年4月3日(土) 開催地: 臺東美術館 時間:09:00-17:00 (火曜日〜日曜日) オフィシャルウェブサイト:https://www.facebook.com/taitungartmuseum/ アート

  • 圖一_泛靈腹語@bookjunkie

泛靈腹語(アニミズムの囁き)─ 吳耿禎 (ジャム・ウー)展覧会

泛靈腹語(アニミズムの囁き)─ 吳耿禎 (ジャム・ウー)展覧会 「浩浩渺渺 (広がってゆく水)/ 呢呢哞哞(ニーニーモーモーと鳴く声) / 山音涓水(山中の水の流れ) / 泥地染人(泥地を染める人) / 食一葉野草(野草を食む) / 蘸一滴夜露(一滴の夜露に浸す) / 川河有靈(川には魂がある) / 卵石有靈 (石には魂がある)/ 山人 浪人 赤裸人 (山人 放浪人 裸の人)/ 時間的倒述者(時間の解説者) / 家屋 母乳 預言鳥(家屋 母乳 予言の鳥) / 晴雨的占卜(天気占い)/ 縫 [...]

  • 20201215_121403

南島国際美術賞

台湾・台東の三分の一の人口は南島語族といわれ、南島人コミュニティの芸術や文化が蓄積されています。 台東縣政府は2011年から「南島国際芸術賞」を開催し、2014年からは2年に1度の展覧会形式を確立し、台東へアーティストを招き駐在アートをしてもらい、南島問題への関心を国際社会に発信しています。