Discover Taitung> 藝文 >2021台東デザイナーズウィーク臺東啟乘TAITUNG XTRA

2021台東デザイナーズウィーク臺東啟乘TAITUNG XTRA

台東の美しい景色、純朴な人々とそこで築かれた文化、緩やかな生活はアーティストとデザイナーにとってインスピレーションの源になっており、その理由から台東の工藝生産能力は高く多様性に富んでいます。台東県政府は近年本土文化の魅力や地方に根付く美学や特徴の発掘に力を入れており、今年で二年目になる〈臺東設計師週(台東デザイナーズウィーク)〉では「臺東啟乘」をテーマにして国内外の著名なデザイナー6名と、アーティストやクリエイター12組を招き、「工藝産業」・「インスタレーション」・「舊物新裝(昔のものを新しく)」を三大テーマに、デザインに伝統工芸を取り入れた作品作りを行う台湾で初めてとなる最大規模の共同創作プロジェクトです。

2021台東デザイナーズウィーク臺東啟乘TAITUNG XTRA

「工藝産業」のテーマではファッションテキスタイルデザイナーの林雅儀Zoieさんとファッションデザインの奇才Daniel Wongさんを招き、ファッションを工藝産業に取り入れました。林雅儀Zoieさんと「Kapaz服裝創作工作室(Kapazハンドメイド)」、そして「蘭調織女 A’tolan weaver studio(A’tolan織物スタジオ)」が共同で打ち出した「移印染」からは台東の息遣いが感じられる軽い着心地で生活に溶け込む12着の洋服と手提げ袋が制作されました。Daniel Wongさんと地元の陶器ブランド「池上陶(池上セラミックス)」は台東を守る四神獣をモチーフにした神具的雰囲気の生活用品3セットを制作し、また同時に「後生織物(後生織物ハンドメイドクラフト)」と共同でガラス瓶を素材にした作品作りを行いました。

2021台東デザイナーズウィーク臺東啟乘TAITUNG XTRA

「インスタレーション」のテーマでは日本でも人気の総合デザインチーム「兩個八月(biaugustクリエイションオフィス)」とプロダクトデザイナー周育潤さんによる空間と作品が相互作用したインスタレーションが作られました。「兩個八月」は地元メーカー「小織部」、そして「都蘭小洋房(casa yangスタジオ)」とタッグを組んで天然繊維の織物や生活陶器など、台東の生活スタイルを表現したデザインの商品を制作しています。周育潤さんは「阿布斯布農傳統服飾工作室(阿布斯ブヌン伝統服飾スタジオ)」と「米麻岸工作室(mimaanスタジオ)」で原住民族に伝わる伝統素材や図案を用いて台東での暮らしのエッセンスを感じる作品を創作しました。

2021台東デザイナーズウィーク臺東啟乘TAITUNG XTRA

「舊物新裝(昔のものを新しく)」では金鼎獎(ゴールデントライポッドアワード・台湾の出版に関する賞)で図書挿絵賞を受賞した新進気鋭の挿絵画家・徐至宏さんと創作芸術家・周依CHOU YIさんによって昔のものを新しく、地元の文化とビジュアルデザインを結びつけた創作活動が行われました。徐至宏さんと「阿布金工(A-BU金属加工スタジオ)」、そして「拉日革安手作工坊(皮革手作り工房)」は共に専門分野を超えた創作活動を行い、人々に感動と喜びを与えられるメタルジュエリーと皮革製品を制作しました。周依さんと「臺東老宿舍」は原住民族スタイルを取り入れた織物製のバックパックと2種類のウエストポーチを制作、同時に「心燈窯坊(スタジオライテッドハート)」と共に窯で焼いたお皿と花瓶を作成、芸術を取り入れた日常生活を送れる作品を制作しました。

2021台東デザイナーズウィーク臺東啟乘TAITUNG XTRA

出来上がった作品はフラワーアート界の巨匠で、CNFlower創設者である凌宗湧さんがキュレーションを行い台東のイメージで花々を使って作り上げた唯一無二の会場で展示されます。コラボレーション作品は10月24日に開催される台東美術館の屋外ステージで発表されたのち、11月4日から14日まで台北市にあるカフェギャラリー「臺北好人好室x七二聚場」にて展示されます。工藝とデザインがぶつかりあって生まれた火花をその目で体感してください!

アート

  • 20220623 0001

2022世界女藝匯流藝術祭(世界女性アーティスト匯流芸術祭)

近代における男女同権への重視や女性の社会的地位の向上に伴い、優れた女性アーティストが次々に誕生しました。美術史における“Art History”という家父長制を離脱し“Art HERstory”という女性芸術家により築かれた新たな世界で、彼女達は現代女性の価値観をアートに顕現させているのです。

  • 主視覺

今年度の集大成とも言える大展示会 — 2021臺東美展

芸術展覧会へ行くのはお好きですか?二年に一度開催される「臺東美展」は台東県の重要な美術大会、今年で開催16回目を迎える現代芸術好き必見のイベントです!2012年から始まった臺東美展は全国から作品を募集して開催しており、翌2013年には隔年開催が決定、優れた才能を持つ芸術家がこのイベントの為に結集し、幅広い創造性と多角的な視点から台東の美を表現しています。今年は91点の作品が二段階の厳正な審査を通過し受賞しました。東洋と西洋の要素を持ったメディアアート、撮影作品、彫刻、ニューメディアアートといった分野の垣根を超えて融合した作品たちがあなたを芸術の殿堂へと誘い、その美しさを堪能することができます。

  • 沖繩與臺東的音樂文化激盪 — 2021島嶼音樂季 2

沖縄と台東の音楽文化交流— 2021島嶼音樂季(2021H.O.T Islands Music Festival)

台湾と沖縄は海で隔たれていますが、二つの島には海との関係性、言語、音楽、芸術の面で似通った雰囲気があり、台湾東海岸、蘭嶼、綠島、沖縄と八重山諸島は同じ黒潮の海域にあり、同じ文化や伝統を持っていることからこれを「黒潮文化圏」と呼んでいます。