世界で今、台東が熱い Booking.com「最も居心地の良い」目的地 台東が世界一を獲得

台東は「真(まこと)、善(ぜん)、美(び)」を観光の支柱として打ち出し、独特なスローライフスタイルと宿泊施設の心のこもった接客を通して、世界中の旅人からの支持を得ました。国内旅行人気第一位に選ばれたのち、台東はそのポテンシャルを全世界に見せつけ、Booking.comの「世界で最も居心地の良い地域」第一位を獲得。台東県長(県知事)の饒慶鈴は全世界の旅客および全国の人々が、台東の持つ美しさを体験しに来てくれる事を願っています。

全球最好客城市 台東

台東県長(県知事)の饒慶鈴は就任後すぐ「一快一慢(速く、遅く)」という二つの政策を発表。「快(速く)」が指し示すのは行政の有効性と効率の迅速化、「慢(遅く)」は台東に住む人々のライフスタイルのことです。台東に暮らす人々が持つ「真、善、美」を支柱とし、汚れのない環境と善良で純朴な人情味溢れる人々が多元族群を包括した社会、唯一無二の美しい山紫水明。観光客が憧れてやまない台東の生活で「慢經濟(スロー・エコノミー)」を実現するモデル都市を打ち出します。

全世界オンライン宿泊予約サイトBooking.comが主催する「Traveller Review Award 2021」は百万人を超える旅行客の口コミを元に、毎年優秀な宿泊先を表彰しています。台東は全世界の旅行客に評価され、「Traveller Review Award 2021」にて世界で一番高評価を得た都市に選ばれ、それにより「全世界で最も居心地の良い都市」の第一位を獲得しました。作り物ではと見紛う美しい自然風景に親切で人情味溢れる人々のスローライフは全世界の旅行客を虜にし、台東が打ち出す「真、善、美」の3つを支柱にした観光は国内のみならず全世界の旅行客にさらなる期待を持たれています。

全球最好客城市 台東

交通観光発展處は、台東県が近年有機観光(その土地の自然を通して健康になろうという新たな観光スタイル)を推進しており、中でも台東に根付くスローライフにスポットを当て、山と海の織りなす大自然やゆっくりとした居心地の良い旅行スタイルなど、台東にある16の郷鎮の日常にある「真、善、美」の要素を一つの観光支柱として打ち出しました。コロナ禍で健康に気を遣う人が増える中、有機観光へのニーズが高まり、台東の昨年度旅行客数は一千万人を突破、例年より25%成長し、FUN台東という国内旅行の流行まで創り出しました。その他、台東では「責任ある観光」、「生態系の永続」、「健康な家庭」などの観念から、積極的に観光夜市でのプラスチック容器の削減行動を始めとして、エコホテル認定計画など、旅行業者と旅行客お互いが協力して使い捨て廃棄物を減らすなど環境保全に力を入れると共に、砂浜の美化運動、海、渓谷、街中での美化活動に民衆で参加するなど、旅行客がいつまでも台東の美しい景色を堪能できるよう、責任を持って台東を守ってゆく方法を樹立しました。

台東は2020年に様々な世界第一位を獲得しました。例えば世界唯一の熱気球フェスティバル、Iron ManとChallenge Taiwan(全世界で最も多くの人が参加する二つの国際トライアスロン大会)、全世界で最多の人数が参加された年越しカウントダウンなど、それらのイベントはクラウドサービスを通して世界各地にライブ配信され、世界中にいながら台東の人々と同時にイベントを楽しむ気分が味わえました。去年はBooking.comの「全世界で最も居心地の良い都市」第七位を獲得し、その後さらに躍進し「全世界で最も居心地の良い地域」第一位を獲得するなど、台東は旅行客が全国一多いだけではなく、その旅行のクオリティーが世界に認められていることがこの度明らかになりました。

さらに詳しく