講蜜蜜小餐館

「山地飯」を食べたことはありますか。

金崙村の「講蜜蜜小餐館」の創作料理を求めて、たくさんの旅行客が遠路はるばる訪れます「山地飯」、またの名を「搖搖飯」は、故郷へ戻った青年オーナーの志偉が研究に研究を重ねて作り出したパイワン族の特色セットメニューです。山で採れるさまざま野菜と質の良いお米を鍋に入れて混ぜ合わせ、最後に特製の鹹甜豆腐乳を加えたこの料理は、舌の上でそれぞれの旨味が踊り出し、新しい風を感じることができ、伝統原住民料理の素朴な味わいを楽しむことができます。『講蜜蜜』は「講秘密(日本語の内緒話という意味)」の語呂合わせでできています。オーナーは、この空間で親友や家族と一緒に本場の原住民のメニューを楽しんでもらいながら、何気ない会話をしたり、普段はなかなか言えない想いを伝えあったりして、有意義な時間を過ごしてほしいと願いを込めて、お店にこの名前をつけました。「講蜜蜜」で内緒話をして、もっとお互いの距離を近づけませんか。(IGPhoto by @yommichen)

営業時間:
火曜水曜金曜土曜日曜:12:00-15:00,17:00-20:00;月曜木曜:休日

08 977 1520

台東縣太麻里鄉5鄰232號