サイクリングを楽しむ森の旅

都会の中に忘れられない美しい一隅、それはまた旅人たちの目に留まり、2度3度と見返られることでしょう。台東市内には桃源郷のような場所があり、風を遮るために植えられてきた木麻黄の木が歩道の両側に延々と伸び、時には真っ暗な感じになる故、台東の人は『黒森林』と呼びます。

Taitung Forest Park

台東森林公園は昔『黒森林』と呼ばれ、長い間台東は砂塵による被害に苦悩していたため、卑南溪の河口近辺全体に風を防ぐためのモクバオウを植え、遠くから眺めた景色が一片の黒い林からその名は来ています。

公園内にはサイクリングロードが設置され、両側には聳え立つモクバオウの木が並び、生命力に満ちています。モクバオウの林を抜けたら三つの湖があり、地下水が湧き上がってできた『琵琶湖』、湿地を整備してできた『鷺鷥湖』、そしてウォータースポーツやトライアスロンに最適な人工的に作り上げた『活水湖』と別れ、一般の人造公園とは違った雰囲気を持ち、所々に神秘感が溢れます。

台東森林公園
住所:台東県台東市中山路と馬亨亨大道の境目
電話: 089-362025