懶人包

台東の有名な温泉リゾート地です

Taitungは温泉の地として知られており、至る所に特別な温泉があります。一緒に探検して温泉旅行を計画しましょう!

知本溫泉

日本統治時代から既に開発されていた知本温泉は、台東の有名な温泉リゾート地です。知本溪の河床より湧き上がる泉は台湾八大名景の一つに選ばれております。知本温泉は無色透明な炭酸水素ナトリウム泉であり、『美人湯』と呼ばれ、豊富なミネラルが含まれているため、美白・保湿や血液の循環を良くする効果があります。
知本溪に沿って三か所の温泉地があり、一番利用されているのが知本外温泉(温泉橋付近)と知本内温泉(知本森林レクリエーションエリア付近)であります。

台東県卑南郷知本溫泉リゾート

金崙溫泉

金崙温泉は太麻里郷金崙村に所在し、台東県で有名な温泉であります。炭酸水素ナトリウム泉といった泉質で、pH7から8の間にある無色透明且つ硫黄の匂いがかかった泉質です。水温は70度から90度の間を保ち、入浴の際はくれぐれも注意が必要です。冷泉を混入するなり温度が下がるのを待つなりと対応した方が最適でしょう。
金崙温泉リゾートに入ればたくさんの温泉業者が見当たります。そのほとんどがお手頃な価格で入浴でき、露天風呂や個室などと選択が可能な温泉リゾートであります。鉄道の便利さゆえに、高雄や屏東からの観光客が電車で訪れ、温泉やグルメを堪能し、ゆったりとした日帰り旅が楽しめます。

台東縣太麻里鄉金侖段1811號

天龍温泉ホテル

南橫温泉の第一ストップとなる「天龍ホテル」、こちらの温泉は一切の加工されぬまま源泉よりホテルまで直送されるものとなります。PH7.2から9.1の間にある炭酸水素ナトリウム泉であり、又の名を重曹泉と呼ばれ、日本では『美人湯』と呼ばれます。温泉自体の治療効果以外に、辺りの景色をも楽しめ心身ともに癒されます。
温泉に浸かった後は海抜約721メートル地点にある全長110メートルの天龍吊り橋を通り、鬼斧神工な峡谷を眺め、高さによる刺激を感じ、森林浴を堪能してください。

台東県海端郷霧鹿村1-1号

栗松溫泉

栗松温泉は台湾一美しい野溪温泉と呼ばれ、白い煙が立つ中、山の中に隠れる翡翠のような台東の秘境であります。栗松温泉へとたどり着くまでにはまず高低差が400メートルほどある山道を乗り越えなければなりません。後半ではなんと90度に近い険しい垂直な斜面がありロープがなければ溪谷へはたどり着けません。
栗松温泉の特徴の一つは、炭酸カルシウムが凝結し結晶化したものに藻類が取り付くため、翡翠のような色合いが見える景色です。このような絶景の元、体を天然の温泉に浸かって心身ともに温め、自然を満喫することこそ人生最高の楽しみではないでしょうか。

台東県海端郷南橫公道利稻付近東段新武呂溪上游河谷