スローフードでホンモノの台東 を味わおう

海岸線に沿った台東は、海の香りが溢れ海人の活気に溢れているだけでなく、台湾のスローフードが体験できます。

最新活動

Taitung Slow Food Festival
スローフードフェスティバル

2012年から台東県政府のサポートの下で、台東は「慢食(スローフード)」(slow food)運動を始めました。「産地直通の食卓」、「地産地消」の概念をベースに、さまざまなお店で季節の食材や地元の食材を使い、台東の生活や食文化が楽しめる料理を作っています。シェフたちは食材の溯源を求め、食材の生産方法や生産者の理念や部落の伝統、調理習慣を理解しすることで料理の意義を探したり、料理を通じて物語を語ったりしています。

台東慢食運動に参加するシェフらは、美味しい料理を作るだけでなく、土地や環境、そして自身の文化への思いやりを忘れずに、真心を込めておもてなしをしています。

スローフードフェスティバル

台東慢食指南

「スローフード」(slow food)は、イタリアから始まった国際的な社会運動で世界的な草の根運動です。この運動には、料理や地方、そして文化の要素が揃っています。「Good( 良 質)、Clean(クリーン)、Fair( 公平)」の生産者、製造者、そして消費者の平等な関係を表しています。

スローフードフェスティバル

慢食理念

Goodは、料理と地方文化の作用、つまり美味しさを表し、環境に優しいことにこだわったCleanは、産地食材がそのまま食卓に運ばれるすべてのルートを表しています。そして、公平なコミュニケーションにこだわるFairは、生産者、製造者、そして消費者の平等な関係を表しています。

スローフードフェスティバル
スローフードフェスティバル

慢動慢食評鑑

台東県政府は、2016年から始めた「台東慢食評鑑(台東スローフード品評会)」で、2年毎に「Good、Clean、Fair」の三大原則を総合評価の基準に、スローフードにこだわる料理人、美食家、そして台東の地元民による審査団がスローフードを提供する店に足を運んで試食を行っています。そして、「Good、Clean、Fair」の三大原則の基準や衛生面などの条件をクリアした優良なお店が指南に記載されています。

スローフードフェスティバル

簡介認識店家故事

お店のサイトには、お店の物語や紹介のほかに、審査団の「プロのおすすめ」料理も載っています。お店を訪ずれる際には、ぜひ、ご参考ください。