台東には閩南民系(福建省から移住された漢民族の一派)、漢民族、客家民族や7つの先住民族が住んでおり、その他にも多くの外国人が毎年移住しています。また、台湾で最も先住民族の割合が高い県で、人口の約3分の1が先住民族です。様々な民族が共存しており、政府は原住民文化の保存や継承に力を入れているので、台東はカラフルで多種多様な土地の表情をもっています。台東の独特な文化を体験したい方は、部落を訪問して祭典に参加したり、原住民族の風味料理を楽しんだりできる体験ツアーを計画してみてはいかがでしょうか。

aboriginal-time
阿美族

アミ族

知る人ぞ知る『豊年祭』は毎年7月中旬に、台東のアミ族から序章が開かれ、北へと展開していきます。アミ族は生まれつきの美しい音色や踊りのセンスを兼ね備え、伝統的な打楽器音楽は彼らの文化の一つであり、東海岸に位置する都歴部落の『旮亙樂團』や比西里岸部落の『パウパウ太鼓』は台湾のナショナル・コンサートホールで頻繁に演奏されます。アミ族の部落では歌謡や舞踏・射的・建物・ぶらんこ・工芸品など全てが印象深い体験になります。

体験体験おすすめ:都歴部落
部落巡り/ガイドツアー(英語ガイドあり):
部落ツアー→ラザラハィ海上体験→野菜採集→昼/夕食→帰宅
料理:旬の料理、魚、海藻、野菜
体験イベント:アミ族伝統月桃編み物、綿工芸


旅の達人(吳筱帆)

0937-579624

[email protected]
(体験イベントは部落によります、詳しい情報は電話で)
布農族

ブヌン族

ブヌン族は山の中に住む民族です。彼らは小米の育ちに沿って、時間や年月を繋ぎ合わせ、狩りや耕作は植物の成長や月の欠け具合に合わせて進め、『木刻畫曆』というブヌン族伝統の絵暦に載せされている暮らし方を守ってきました。中でも毎年4月〜5月の『射耳祭』はブヌン族の一番重要な祭りです。

ブヌン族はとても勇敢で控えめな性格を持ち、生まれつき丈夫な体をしています。相手を慕う気持ちなどは言葉にできないため、実際の行動や歌で表現することが多いです。世界的にも有名な8部合唱、それはもともと天の神様に感謝の気持ちを伝えるために生まれてきた音楽で、『小米の豊作を祈る歌”Pasibutbut”』は音階がだんだん上がり、最後には5オクターブ以上もの和音が重なり、聴く人を感動させます。

体験体験おすすめ:都歴部落
部落巡り/ガイドツアー(英語ガイドあり):
部落ツアー→ラザラハィ海上体験→野菜採集→昼/夕食→帰宅
料理:旬の料理、魚、海藻、野菜
体験イベント:アミ族伝統月桃編み物、綿工芸


旅の達人(吳筱帆)

0937-579624

[email protected]
(体験イベントは部落によります、詳しい情報は電話で)

達悟族

達悟族

蘭嶼で暮らすタオ族は他の民族とほとんど関わりがないため、昔から伝わってきた伝統が一番保たれている一族と知られています。独自の信仰を持ち、台湾唯一の漁猟メインの先住民族です。『トビウオの民族』という別名を持ち、タオ族の最も重要な祭典は主に『海祭』であり、中でも『魚祭』『船祭』『小米祭』に別れ、一族は歌や舞踏で大漁を祝います。

日常生活における器具・衣服などは全て自給自足であり、漁猟以外に水田や山地旱植、他にもヤギの放牧などが盛んです。工芸の面では陶器・チヌリクランや銀製品などがとても有名です。 そして『朗島村雅美族穴居屋』というタオ族伝統の家も必見であり、これら全て蘭嶼の見所となっております。

体験体験おすすめ:都歴部落
部落巡り/ガイドツアー(英語ガイドあり):
部落ツアー→ラザラハィ海上体験→野菜採集→昼/夕食→帰宅
料理:旬の料理、魚、海藻、野菜
体験イベント:アミ族伝統月桃編み物、綿工芸


旅の達人(吳筱帆)

0937-579624

[email protected]
(体験イベントは部落によります、詳しい情報は電話で)

噶瑪蘭族

クバラン族

クバラン族は現在台湾の平埔族の中でも最も民族意識が強く、文化の特徴が一番鮮明な民族です。

クバラン族の人々は日常生活の中でもその文化を保ち、クバラン語・風習(新年の先祖供養”palilin”)・”metiyu”(女性の祭司)を中心とする祭儀・農業、漁業にまつわる祭典(入倉祭、海祭)・編み物などは今でも盛んです。

台東の長濱郷に部落があり、クバラン族は主に移動耕作・焚猟・漁り・鹿狩りなどといった自給自足の形式を取ってきました。毎年の3・4月、春と夏の間で『海祭』を行い、クバランの男たちは吉日を選び海辺に集まりLaligiといった祭りを楽しみます。朝、一族の長老たちが海辺で先祖の霊を供養した後、若い男たちは海に出て漁をします。昼頃には戻り、年長者たちが岸で出迎えます。そしてその場で魚や野菜を料理し、村に持ち帰ったりします。この祭りは三日ほど続きます。

体験体験おすすめ:都歴部落
部落巡り/ガイドツアー(英語ガイドあり):
部落ツアー→ラザラハィ海上体験→野菜採集→昼/夕食→帰宅
料理:旬の料理、魚、海藻、野菜
体験イベント:アミ族伝統月桃編み物、綿工芸


旅の達人(吳筱帆)

0937-579624

[email protected]
(体験イベントは部落によります、詳しい情報は電話で)