2021關山蘿蔔季

關山には多様な民族が住んでおり、初期は多くの客家民族が定住していました。そのため、關山は客家の風情に溢れ、そして、なんと2,000ヘクタールを超える台東で最も大きな田んぼがあるんです!

1060114-070

關山には多様な民族が住んでおり、初期は多くの客家民族が定住していました。そのため、關山は客家の風情に溢れ、そして、なんと2,000ヘクタールを超える台東で最も大きな田んぼがあるんです!しかし、客家の倹約精神の影響と關山鎮公所の奨励の元、第二期の稲刈りの後、農民たちは休耕の畑に金嬌蘿蔔(大根)と油菜花(菜の花)を植え、収入を増やしています。客家部落では、大根の根を漬物にして保存し、大根の葉を天然の肥料にするだけでなく、「拔蘿蔔大賽(大根抜き大会)」や大根畑で大根狩りの楽しさを体験してもらうことで、観光効果の向上も目指しています。10年連続で開催されている「臺東關山蘿蔔季(臺東關山大根シーズン)」には多くの観光客が訪れ、關山の特色産業にもなっています。關山を訪れたら、自転車で新埔社区まで行き、客家の人々の勤勉さや我慢強さ、そして、農村ののんびりとした歩調を体感しましょう。

1060114-049

体験のほか、フードマーケットや歌手、地元の客家パフォーマー達による演出が次々と披露され、客家の楽天精神を見せます。また、客家語ゲームや客家茶道などもあり、お客様は割引券を購入して、手作菜脯(手作り干し大根)や愛玉(アイギョク)、客家の花布提灯などを体験できるイベントに参加することもできます。たくさんのイベントに参加して、両手いっぱいのお土産を持って帰りましょう!詳細は、關山鎮公所公式サイトを御覧ください。

1060114-062

日時:2021年1月30日(土)
開催場所:德高國小を東に進んだ東七線の交差点、關山國小
時間:未定
公式サイト:https://www.facebook.com/guanshan.township