台東コロナ対策速報

中央流行疫情指揮センターでは台湾全土において大規模流行が発生する段階へと入った事、そして域外から移入したBA.4及びBA.5の病例数が引き続き増加していることを踏まえ、防疫そして円滑な経済及び社会活動、防疫措置の維持と有効なリスクコントロールのため、7月1日より引き続きマスク着用等現行の防疫措置を維持し、例外的な状況によりマスクを外す必要がある場合を除き、外出時は全行程においてマスクを着用しなければならないことを発表。

1. 外国人の入国制限
世界各国の感染状況の変化に伴い、台湾に到着された旅客は空港/港にて唾液PCR検査を実施します。また9月1日より入境後検疫措置として3日間の在宅検疫と4日間の自主防疫を維持すると共に4日間の自主防疫期間についてはその滞在場所を一人一室、独立したトイレ・浴室付きの個室を原則とし、一般ホテルでの宿泊は不可とする。

2. 観光地及びイベント活動の変更について
– 蘭嶼では医療の切迫と隔離施設の不足により、宿泊施設滞在の有無を問わず新型コロナウイルスワクチン3回接種済み、もしくは3日以内のPCR検査陰性証明書を提出できる(#児童の場合はPCRもしくはクイックスクリーニング検査結果を提出)方のみ入島が認められ、宿泊先へ滞在する場合は誓約書へのサインが必要です。入島後自宅隔離通知があった場合は現地の宿泊施設にて一人一室に分かれて隔離期間を過ごしていただきます。また、その間にかかる生活必需品等の費用に関しては自己負担となります。本防疫措置については4月25日から7月20日迄を第一段階とし、期間中に重大な変化があった場合は順次調整が行われます。
– 人通りの多い人気観光地(鐵花新聚落、轉運站(バスターミナル)、TTSTYLE波浪屋)では原則としてマスクの着用が義務付けられている。鐵花新聚落市集について入場口での人数制限は設けておらず、實聯制(実名登録制)の廃止。
– 屋外空間(国際ランドマーク、杉原海水浴場、金樽海濱遊憩區など)においてはマスクを着用しなくてもよいが、常にマスクを携帯し、ソーシャルディスタンスを保持すること。また上述した状況において、人混みや他人との共同作業を行う必要があり、ソーシャルディスタンスを保持することができない状況においてはマスクを着用すること。
– 山林(森林遊樂區を含む)のような開けた空間においては条件によりマスクを外してもよい。例えば國家森林遊樂區、平地森林園區そして自然遊歩道についてはマスクを外してもよいが、ソーシャルディスタンスが保持できない山小屋のような同居者以外と空間を共にする場所においては常にマスクを着用しなければならない。

3. 交通機関について
– 台灣好行バス-東部海岸線:正常な状態に戻る
– 台灣好行バス-縱谷鹿野線:正常な状態に戻る
– 台東-グリーンアイランド往復ボートサービスが再開されました

4. その他の場所における規定
下記の場合においてマスクを着用する必要はありませんが、マスクは常に携帯し、関連症状が見られる場合もしくはソーシャルディスタンスが保持できない場合はマスクを着用してください。
1. 屋内または屋外での運動時。
2. 屋内または屋外での個人/団体での写真撮影時。
3. 自家用車運転時、車内に同乗者がいない、もしくは同居家族のみである場合。
4. ライブ放送、ビデオ撮影、司会、報道、スピーチ、公演、講義といった会話する必要のある仕事または活動の本番時(リハーサルは含まない)。
5. 農林水産業、牧畜業を営んでいる者の野外活動(畑、養魚場、山林等)。
6. 山林(森林レクリエーションエリアを含む)、海辺での活動時。
7. 温/冷泉、ドライサウナ、SPA施設、ウェットサウナ、スチームルーム、水上活動等のマスクが濡れる活動を行う場合。
8. 歌唱時はマスクを着用すること。
9. 外出時、飲食が必要な場合はマスクを外してもよい。
10. 大型店舗、スーパーマーケット、市場:各営業場所/公共エリアの防疫措置に基づき追加の人数規制は行わず、試食も可能とする。實聯制(実名登録制)の廃止。
11. 高鐵(台湾高速鉄道)、臺鐵(鉄道)、バス、船舶(固定の飲食エリアを除く)、国内空路線においては車内(車内、船舶、航空機)での飲食を可能とする。實聯制(実名登録制)の廃止。
12. 酒類を提供する店舗(バー、クラブ、ラウンジ等)、理容院(観光理髪、視聴覚理容)及びその他の類似する場所(サウナなど)等に赴く場合は少なくともワクチンを3回接種した接種証明を提示し、。もし呼吸器に症状あるいは発熱があった場合は入場できない、實聯制(実名登録制)の廃止。

5. 台東県における検査所の設置について
当県により指定された検査所:衛生福利部臺東醫院、東基醫療財團法人台東基督教醫院、臺北榮民總醫院臺東分院、台東馬偕紀念醫院、佛教慈濟醫療財團法人關山慈濟醫院、衛生福利部臺東醫院成功分院、蘭嶼鄉衛生所、綠島鄉衛生所,計8箇所。

ご自身、或は親しい人が新型コロナウイルスの感染リスクが高い場所に滞在し、また発熱、呼吸困難等の症状や嗅覚味覚異常などが確認された場合、必ずマスクを正しく着用し、指定された検査所にて検査を行ってください。その際、公共交通機関は絶対に使用しないでください。診察時は接触履歴、訪れた場所と症状について医師にお伝えください。詳細が明確であるほど迅速で適切な処置を取ることが可能となります。

6. 感染対策に関する情報について
最新情報についてはFaceBookファンページ:お問い合わせは『台東衛生局新冠肺炎疫情專區』もしくは電話でお問い 合わせ下さい。臺東縣民服務專線(台東県 民サービスダイヤル):1999

新型コロナウイルス(COVID-19)は既に国内各地で流行の兆しを見せています。手の消毒、咳をする際のエチケットやマスク常時着用といった感染防止を行う他、不要不急の移動、活動や集会といった人が多く集まる場所を避け、感染リスクの高い場所へ出かけないように呼びかけます。