客庄十二大節慶 臺東好米收冬祭

台東で毎年開催される好米收冬祭は、お米をテーマにした祭典お祭りです。 台湾・東部の客家の人々民族は二度の移住を経て、花東の縦谷エリア地区で農業で生計を立てるようになり、そこにはことで一家の豊かさ生計と安定感を得てがかかっています。この收冬祭は、台東の客家の人々民族の方たちにとっては何よりも重要な祭りで、客家の人々民族が祀るの神様と祖先への畏敬の念、土地に対する慎み、そしてお米に対する強い愛情を象徴しています。 客家文化のを継承し広めるのため、2010年より毎年には〈客庄十二大節慶 臺東好米收冬祭〉を開催し、国内外の観光客が訪れるようになりました。

好米收冬祭

豊作と情熱的な雰囲気を感じることができます

年に一度の收冬祭は「客家月」とも呼ばれています。11月いっぱいは、祈福祭典儀式(祝福の儀式)、舞稻競演(稲舞舞踊と稲の共演大会)、好米收冬宴(稲刈り冬の宴)、趣味米食競(おもしろ米料理大会)、そして、好米文創市集などの一連のイベントが開催され、「看客家、玩客家、吃客家(客家を「見て、遊んで、食べて」)」、豊作と情熱的な雰囲気を感じることができます。また、裸足で田んぼの中に入って、黄金色の稲刈り体験に参加したり、昔ながらの穀物脱穀機の使い方を学んだりすることで、農業の大変さや豊作のありがたさを体験することができます。

好米收冬祭

鏘收冬(じゃんじゃん収穫)
客家學堂音樂會 暨 第三屆愛吃飯桶王米食大賽初賽(- 客家学堂音楽会および第3回米っこキング大会初戦)

  • 開催場所:臺東客家學堂
  • 開催日:2020年10月31日 09:30—13:00
好米收冬祭

玩收冬(ゲームで収穫)
收冬祭慶典儀式 暨 農事客語闖關 (-收冬祭慶典儀式および農家の客家語の関門クイズ)

  • 開催場所:池上鄉福德宮 および 臺東縣客家文化園区
  • 時間: 2020年11月7日 09:00—14:00
好米收冬祭

舞收冬(踊って収穫)
舞稻競演 及 草地音樂會(舞稻競演および草地音楽会)

  • 開催場所: 鐵花新聚落
  • 開催日:2020年11月21日 11:00—18:00

アート

  • 20201215_121403

南島国際美術賞

台湾・台東の三分の一の人口は南島語族といわれ、南島人コミュニティの芸術や文化が蓄積されています。 台東縣政府は2011年から「南島国際芸術賞」を開催し、2014年からは2年に1度の展覧会形式を確立し、台東へアーティストを招き駐在アートをしてもらい、南島問題への関心を国際社会に発信しています。

  • 好米收冬祭

台東好米收冬祭

台東で毎年開催される好米收冬祭は、お米をテーマにした祭典お祭りです。 台湾・東部の客家の人々民族は二度の移住を経て、花東の縦谷エリア地区で農業で生計を立てるようになり、そこにはことで一家の豊かさ生計と安定感を得てがかかっています。この收冬祭は、台東の客家の人々民族の方たちにとっては何よりも重要な祭りで、客家の人々民族が祀るの神様と祖先への畏敬の念、土地に対する慎み、そしてお米に対する強い愛情を象徴しています。 客家文化のを継承し広めるのため、2010年より毎年には〈客庄十二大節慶 臺東好米收冬祭〉を開催し、国内外の観光客が訪れるようになりました。

  • 綠島過山古道-DiscoverTaitung

緑島で緑を探そう— 過山古道で宝探し

緑島と聞くと、ほとんどの人がダイビングやシュノーケリングを思い浮かべるでしょう。しかし、実は、緑島は、海洋生態が豊富なだけでなく、島上でもグリーン生態がたくさんみられます。東部海岸国家風景区管理處は、六月から「綠島過山古道尋寶(緑島の過山古道で宝探し)」活動を始めました。「宝探し」をしながら大自然に触れ合い、同時に歴史あふれる過山古道のトンネルを知ってもらうことが狙いです。環島公路が建設される前までは、緑島の市民が南寮から温泉まで行くには、このトンネルを通らなければ行けませんでした。